バスケットボール3×3男子日本対中国ライブ

バスケットボール3×3は金曜日の夜に正式にオリンピックデビューを果たし、アクションが進行するにつれていくつかのゲームがスリラーであることが判明しました。

これがその日のトップコンテストの要約です。

(W)ROCdef。 日本21-18

ROCは早い段階で日本をリードし、決して放棄しませんでした。 ある時点でROCは8でリードしましたが、日本は最終スコアを近づけるために遅いプッシュを調整しました。 日本は最終的にゲームを結ぶ2ポインターの範囲内に入ったが、ROCのユリアコジックは残り25.6秒でそれを終了するために2ポインターを釘付けにした。 ROCの女性たちは勝利を収め、焦点を中国に変えました。 史上初のオリンピック3×3ゲームのかなりのフィニッシュ。

(W)中国def。 ルーマニア21-10

偏った最終スコアにもかかわらず、ルーマニアに対する中国の傾斜は宣伝されているよりもはるかにエキサイティングでした。 ゲームはかなり早い段階でしたが、中国はやがて撤退し始めました。 残り1:08で、中国のLili Wangは2点シュートを沈め、ゲームを終了して勝利を確保しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *